お客様の声

サイキックマッサージ_お客様の声_イメージ画像_01

このページではお客様から頂いた声を少しずつ掲載していこうと思います。
私は横浜、東京でサイキックマッサージのセッションをやっています。

このセッション、知らない方に説明するのがとっても難しくて、
簡単に言えば、
瞑想とセラピーとボディワークがひとつになったものです。

チャクラや男性性、女性性のエネルギーをリーディングしてから
実際に身体に触れていきます。

この間は、身体にひどい痛みを抱えた方が
セッションを受けてくださいました。

こういうパターンは初めてかも?

一応これは医療行為ではありませんので
そういった場合はまず病院に行かれることをお勧めします。
(その方は事前に病院で治療を受けていらっしゃいました)

私はベテランの整体師、オステオパシーもやっているので
今回は、初めに肉体的なバランスを調整してから
サイキックマッサージのセッションをさせていただきました。

サイキックマッサージ_お客様の声_イメージ画像02

ほんとに身体と心は繋がっているといいますが
その方の身体的な痛みが出ている箇所に
その方の抱えている関係性の悩み事が
しっかりとエネルギー的にも表れていました。

サイキックマッサージは悩み事を解決するためのものではないのですが
(ここのところがうまく説明しにくいのですが。。。)
本来のその方の健康な部分をサポートすることによって
結果的に、その方が自分自身の力で問題を解決していかれます。

なので、そのセッションもその方の内側で起こっていることをお伝えし
その方の愛に溢れた力強い本質をサポートさせてもらいました。

帰られる時に、身体がずいぶん楽になった、と嬉しそうにおっしゃられてましたが、その後どうされてるかしら。。

さて、それとは別に
他のお客さまから、感想をいただいたので掲載しますね。

人の本質は本来光輝くものです。
サイキックマッサージは
[本当の貴方はこんなに素晴らしいのですよ]と
ボディワークを通してお伝えしています。

 

迷いがある時はハートで感じてやっていこう(*^^*)
サイキックマッサージ_お客様の声_イメージ画像_03

ミータさん

先日はセッション有難うございました。
私の内面には解決するべき課題がたくさんあるのでは..?と予想していましたが、思いがけずありのままでいいというミータさんのお言葉をいただいてまるで祝福されたような、幸せな気持ちで新年のスタートをきることができました。

教えて頂いたサイトの”今週の瞑想”というコーナーで「微笑の瞑想」という瞑想法を見つけてやってみたのですが、あれから自分のハートに焦点を合わせやすくなったみたいで、とても安らかな気持ちになることができています。

これからもあまり頭で考えすぎず、迷いがあるときはハートで感じてやっていこう!と思います(*^^*)

(後略。原文まま、ご本人承諾済み)

 


Mita、10日はありがとうございました。
感想遅くなりましたが、感じた事、書き出しましたので送らせていただきます。

加齢とともに体、体力などに不安を感じるこの頃でした。
最初にミタのお話しで、「男性性と女性性を感じ、瞑想の質を深めるマッサージです。マッサージ後に伝える事が起きたらお話しします。」

その後、わたしの女性性と男性性のお話しがあり、
男性性の責任感の強さ、重荷、緊張があるということにただ気づいていてとサポートをもらい、
女性性はくつろいでいるよと促してもらいました。

確かにマッサージ中も右側と左側の感覚の違いや、
ミタの手の熱さが違ってたのを感じてました。

右側の足の付け根の感覚が、左側ではミタの手が電流の様に熱く流れ入ってきたのに、右側はとても弱い感じで…
その後、ミタがサポートして触れてくれていると、左右のバランスがとれて、同じ様に感じられてきました。

マッサージはとてもとても気持ちよくて、「あぁ~  身体があるから気持ちよさを感じることができる。」

今まで、身体の痛みや不快感を感じたくないので、自分の身体に対して自信がなかったり、嫌悪感を持っていたけど……

身体が愛おしく、感謝が湧き出てきて、とてもリラックスすることができました。

最後に左目で感じてみるというサジェスト、ありがとうございます。
日常の中で使っていきます。

50代 女性 主婦


セッション前、「私が治すのではありません。私はあなたの健全な部分に触れていき・・・・」
という話をして下さいましたが、最近「私が治す」というニュアンスの言葉をよく耳にしていたので、
それだけで、信頼することが出来ました。

セッションは施術者の感じる力に驚いてしまうほど、
触れてもらいたいところに触れてもらえるという体験をしました。
またタッチはとても暖かく、安心して身を委ねることが出来ました。

自分の中の女性性・男性性にはちょっと自信がありませんでしたが、
「そんなことはない」と言っていただき、とても嬉しくなりました。
愛を分かち合いたいと思っているチャーミングな女性と、文章を書いたり
彼女が苦手なことは僕が引き受けるからと
おおらかに見守っている男性。彼が本がいっぱいある書斎のような所で
机に向かっていると言われましたが、もういない父の写真を思い出させる言葉に
ドッキリしました。
素敵な時間を有難うございました。

50代 女性 セラピスト

 

 

久しぶりに-数年ぶりに-サイキックマッサージを受けました。

このところ、心身ともに低調、仕事の行く末に気持ちが定まらないこともあって、身体のお手入れをしたり、瞑想をしたりはしていたのですが、どうにも抜け出せない。そんなときに見かけたメッセージに何か惹かれるところがあって申し込みました。

 

これは、やはり、他にはない、よいものですね。

身体にはたらきかけているのだけれど、身体だけではない。

触れられているときから、ゆったりとやさしいのだけれど、それでいて確りと捉えてもらっているかんじが伝わってきて、ただ横たわっているだけなのだけれど、自分も触れられている自分の身体を辿って、いつもとは違うように身体に気がついていたり、微睡んだり、ふだんとは違う長さ・深さの時間が過ぎました。

言葉と、セッションの前にひいたタロットも、思いがけないものではあるのに、ああ、そうだったか。と腑に落ちて帰りました。

 

それはひとときの滋養としても充分によいものだけれど、あれから日常に戻って過ごしていて、外見にはあいかわらずなのだろうけれど、私のなかでは、どこかで「相」がひとつ、差し変わったように「落ち」て、しずかに落ち着いているのに気がつく。そんなふうに、あとからも、ふつうの暮らしだけれど(だからこそ)確りと勇気づけられていることを、書きたいと思いました。

 

私はさまざまなマッサージ、ボディワークを受けてきていて、身体が「肥え」ている一人だろうと思うのですが、mitaは、安心して身体を委ねられる・身体に呼応して触れることのできる熟練工のようなボディワーカーであって、そしてそれだけではなくて、ほどよくスペースを保ちつつも底力のある(見かけによらず男性的でもある?)慈愛のような質を湛えた市井の瞑想者であって、これは、他の誰のものでもなく「mitaのサイキックマッサージ」というギフトだと私は思います。

言葉はいつも足りませんが、誰かがいつか必要なタイミングで「mitaのサイキックマッサージ」に出逢えますようにと願っていることを、書きたいと思いました。

50代 女性 ボディワーカー

初めてのサイキックマッサージ、心も身体も疲れ果てて傷ついている タイミングだったので、どうなることかと少し不安もありましたが、 終始心地好く受けることが出来ました。

それは初めてミータに会ってハグしたときに感じた心地好さでもあり、 今の私が必要としていた柔らかさでもありました。

自他ともに認めるバイタリティ溢れる私は、しばしばその力強さが余って、 人を傷付けたり、相手が自分の領域を侵されると感じる程にインパクトを 与え過ぎてしまったり、疲れさせてしまったりということがあります。

自分のエネルギーを上手く使いこなせていないことや、 男性性が優位すぎるのではないかということが気がかりでした。 施術中は静かでしたが、自分の内側にある熱い想いも同時に感じていて、 その想いをどうしたらいいのかわからず、ただひたすらにそれを見ていました。

施術後にもらったメッセージで、女性性も伸びやかに踊っていて、 男性性は信念を強く持っていて、決してバランスが悪いということはないと 言ってもらえたのが嬉しかったです。

施 術後の数日はとても繊細になっていたみたいで、切ない想いに涙したり、 人の優しさに触れて泣いたりしていました。 今、1週間経って、自分のパワーを外側に押し出すのではなく、 自分の中で十分に満たして寛ぎ、必要な人にはそれを照らしてあげるような そんなエネルギーの使い方が出来るようになりたいと感じています。 静かでパワフルな施術をありがとうございました。

ミータ ☘ 昨日はお疲れのところ モニターセッションありがとうございました。
スターサファイアを受けてみて一日経った今、とても楽でくつろいでいられる事。
幻想と思い込みにしばられて もがいていたんだなぁと思います。

ミータのサポートを受けながらの男性性と女性性が対話を深めていくプロセスが、とても興味深い体験でした。 まず、私のマインドが男性性は行動をつかさどる火の様なエネルギー。女性性は水の様な受容するエネルギーと勝手に思い込んでいた事。

私の男性性は火の様に行動的ではないけれど、創造的に行動しようと頑張ろうとしている女性性をサポートし見守っているという事を感じた時、 安堵感と落ち着きがやってきました。 そして最後にoshoと対話した時に思い込みは単なる自分の繰り返しやすいパターンと気がついた時に溶けていった様な気がします。

またバランスを崩した時やエネルギーが落ち込んだ時に助けになるワークだと思います。 今は自分の中の葛藤や分裂していたものが、統合された様な感覚です。 自分にとってベストなタイミングでこのワークを体験する事が出来てミータに感謝します。

サガプリアのセッションのデモンストレーションをみて以来、いつかスターサファイアのセッションを受けてみたいなと思っていました。 自分の今の女性エネルギーと男性エネルギーと向き合わせてもらって、女性のエネルギーの優位具合にびっくりしましたが、、男性側はそれで本当に納得しているようだったし、、女性も今はそれが心地よいと言っていたし、、あーこれでいいんだーってセッションが終わって自分の中心が納得したみたいでスッとしました。

頭でジャッジしていたものが無くなってなんだかムズムズしていた感じも消えた感じがします。セッション受けさせてもらって良かったです。ありがとうございました。 サガプリアのセッションのデモンストレーションをみて以来、いつかスターサファイアのセッションを受けてみたいなと思っていました。

自分の今の女性エネルギーと男性エネルギーと向き合わせてもらって、女性のエネルギーの優位具合にびっくりしましたが、、男性側はそれで本当に納得しているようだったし、、女性も今はそれが心地よいと言っていたし、、あーこれでいいんだーってセッションが終わって自分の中心が納得したみたいでスッとしました。頭でジャッジしていたものが無くなってなんだかムズムズしていた感じも消えた感じがします。セッション受けさせてもらって良かったです。

ありがとうございました。

スターサファイア モニターセッションを受けて

初めてスターサファイアのセッションを受けました。全く知識が無かったのでマッサージのようなものをイメージしてました。(笑)

セッションが進んで行く過程で、あまりにもハッキリと自分の中の男性性と女性性が表現されていくので驚きました。
ミータの誘導で男性性女性性それぞれのエネルギーを感じると言葉や態度で外に表せられるだけで無く、内側でもしっかりと自分自身で感じられて嬉しかったです。

私は初めて自分の男性性と女性性のキャラクターを知ったのですが、あまりにも対照的でそれにも驚きました。
めちゃくちゃ対照的な二人だけど、お互いを尊重しあっる感じ、認めてる感じがあって安心しました。
セッション後のミータの説明では、この二人の関係性は変化していくものらしいので、これから自分でも意識的に感じていきたいです。
このモニターを申し込んだ私の女性性が喜んでる。少し自分のスペースが増えて寛いでる。そこに意識を持っていくと自然と口角が上がる。(笑)
ミータありがとう。モニター申し込んで、良かったです♪

40代 女性 セラピスト

先日はスターサファイヤのセッションをありがとうございました。
感想を送ります。

自分の男性性と女性性をとてもリアルに感じられました。
セッションを受ける前は自分は女性性がしっかりしていて、男性性の方が乱れているのではないか。
と思っていたのですが、やってみると女性性が疲労していて、男性性はしっかりしていました。

周囲の評価に敏感になるのは、女性性が繊細にいろんなことを感じ取り、不安になっているのだと気づきました。
そのため、職場で上司の言動に困惑しても、ああ、敏感に反応してしまっているだけなんだろうなとおちつくことができるようになりました。

男性性と女性性が近づき、男性性が女性性に「がんばらずに、そのままでいてくれたらいい。」と伝えたとき、女性性がほっとして、リラックスする様子があり、もっと男性性を出して良いのだなと感じました。

それをふまえて、今は女性性にはがんばろうとせずにそのままで楽にいてもらうこと。男性性にはよくできることをほめて仕事をやってもらうことを意識しています。
男性性が突っ走っているような感じもあり、不安定ですが、まだ数日ですので焦らず、バランスが取れてくるのを待とうと思っています。

自分の事、関係性の事を深く知る事の出来るワークだなと感じました。

ありがとうございました。
セッションの後に教えてもらった、女性性、男性性がそれぞれその存在の中でくつろいでいる事でよい関係性を気づく事が出来るという話もとてもしっくり来ました。
もっと自分の中でくつろげるように瞑想を続けて行こうと思います。
また宜しくお願い致します。

30代 女性 医師

 

下記の文は、セッションの翌日に、美しい感想を送ってくださり、
それに返信した私のメールに、また、お返事くださった文の抜粋です。

(私)>前回のセッションは、才能とエネルギーのある男性性が、自分のクリエイティビティのスペースを取り戻す、というのが、テーマだったと思っています。
>それによって、深い愛を持って介護をしてらっしゃるけれど、自己価値の低い妖精のような女性側も、グランディングしていく、、そんなセッションでした。

 

ミタさんに言葉にし総括していただけると心強いです。
心もとなくなった時も、このミタさんの言葉を読み返し、再確認できます!

あの右半身に身体的感覚として抱えていた不自由さ、そのための息づまるような存在の感覚、その理由をすっきり納得できました。そのエネルギーも身体から消えてゆきました…。

「介護生活で男性性の方の本来の拡大するエネルギーが抑えまれているのだから、
怒るのは当たり前」

「母へぶつけてしまう苛立ちの感情を罪悪感のように感じる必要はないのだ」
やっと理由がわかり、楽になれました。

マッサージ後のチェックで、右眼側の男性性の私に「介護をしてるのはあなたですか?」と問われた時

「いいえ」と即答した感覚は、とても不思議でした!

あの時の感覚を思い出せば、もう男性性の私をないがしろにはできない気がします。
そして臆病で繊細で幼い割に主導権をとっている私の女性性。
チェックの問いの最後に、女性性が、自由に自己を発露したい男性性を理解し受け入れた時
互いが握手したように感じられました。
左右のエネルギーの変化がはっきり感じられました!

それから、翌々日、芽吹きの縄文の丘を散歩しながら、ふと思いあたったことがあります。
「セッション以前の私の女性性と男性性の関係は、母と父の関係に似ている?!」

持て余すほどのエネルギーを内面に抱えながら人生で解放しきれず、いつも家の中で激しく感情を爆発させていた父。そんな父の自由な精神と行動力に怯え、恨みツラミの言葉で抑えこみ束縛しようとしていた母。

逝く直前まで母に怒りをぶつけていた父の姿を思い出しながら、
近の私はどんどん父にそっくりになる、と感じていたのです。

若い頃は未知の世界にかき立てられると抑えが効かず旅立ってしまう私を、
あの手この手で阻もうとした母の陰湿さに対し
清々しいまでに手放しの喜びで私を旅へと見送ってくれた父のことを、とても思い出しました。

父は、もっと存分に自由に創造的に人生にトライしたかったんだろうな、と思います。
そして、父が逝った後、急激に認知症的になっていった母が今、
りも自分も振り回す無邪気なエネルギーを止めることができないでいるのはもしかして母もまた、本来の恵まれた男性性のエネルギーを抑圧してきたのからではないでしょうか。

ミタさんのセッションの後、そんな気づきの流れが続いてる感じがあります。

さっき宮崎駿監督の「風立ちぬ」という映画をテレビで観てたのですが
まさに、創造と破壊、死と再生という、男性性のエネルギーをテーマにした映画だったのですね。

以前に観た時より、純粋に監督の表現したかった世界観を感じられている私がおりました。
以前は「美しい飛行機を造りたいというエゴは、結局戦争に加担したんじゃないか」とか、「戦争下で女性は犠牲者」といった、批判的な見方をする部分の私が以前はどうしてもいたのです。

父の男性性のエネルギーを抑えたがる母の中にも、また誰の中にも多かれ少なかれ、戦争に象徴される男性性の破壊的側面への恐れが影響してるのでしょうか。
男性性と女性性って、とても難しいですが、探求しがいのある魅力的なテーマですね。

宮崎監督が描きたかった、葛藤の中でも抑えがたい創造への溢れる純粋なエネルギー、それが生きるということ、そんな映画のメッセージを、今は肯定的に受け止められる自分の変化を感じられたことは大きかったです。

(私)>いつも思いますが、ひとりひとりの内側は、とっても美しくて、素晴らしい宇宙。

そうなのですね〜。
その美しく素晴らしい宇宙を人生で実現できる時代でもあるんですよね。
私はずっと自己評価が卑屈なまでに低い方だったと思いますが
セッション後に感じている変化を言葉にすると、そんな感じに近いかもしれません。
<私という宇宙>を少し感じ初められているかもしれません。