愛がもたらす悲しみには、大きな可能性がある

20180304_osho_tarrot_sorrow

今日は、春のような暖かい日曜日。

午前中に瞑想会に行ったら、あまりにも身体が緩んでしまい、自宅に帰って、しばらくお昼寝していました。気がついたら、涙を流しながら寝ていた、、、

 

そういえば、今朝ひいた禅タロットは「sorrow」だった。

深い悲しみ、、、

 

 

瞑想会の帰りの電車の中で、偶然、「悲しみ sadness」という、OSHOの美しい言葉を読んだ。

 

ほんとうの愛は

いつも悲しみをもたらす。

それは避けがたい ー

なぜなら、愛はあなたの

真実の姿への新たな扉と

なりうる空間を作り出すからだ。

愛は薄明の状況をもたらす。

 

~ 中略 ~

 

愛における悲しみを

祈りへの巡礼の旅にしなさい。

この悲しみの経験を

深みにおける瞑想にしなさい、、、、OSHO「英知の辞典」

 

 

木曜日に、関西で、亡くなった友人のデスセレブレーションがあって、

日程的にかなりきつかったので少し迷いましたが、行ってきました。

 

信じられないくらい美しいセレブレーションでした。

 

美しい音楽と歌とダンスと、、、祈りと、、、

 

彼女と出会ったのは、もう35,6年前。

東京で、とってもお洒落な帽子を作って売っていた。

それからふたりとも、いろんな人生を歩んで、13年前に、インドで再会した。

 

そして、また、1年半前に、今度は、関西のセレブレーションで出会った。

彼女も、私も、音楽が、ダンスが、歌が、大好きだった。

20180304_beautiful_tree

その頃もう、彼女は、病で闘病中だったけれど、いろいろあって、落ち込んで生きる意欲をなくしていた私を、ものすごく励ましてくれた。。

「ミータ、喪失感はやばいよ! まだ、怒りのほうがずっといい、、」

 

お陰で私はなんだかんだと生きていて、

美しくユニークな彼女は、この冬、すーって亡くなってしまった。

 

先日のデスセレブレーションの、ほんとに美しいエネルギーの中で、

ああ、彼女はほんとに今、美しいスペースにいるんだな、、って感じました。

 

死も生も、ほんの少し違うだけで、同じ事なのかもしれない、、、

 

でも、せっかく、まだ、私は命をいただいているので、

死が訪れる瞬間まで、大切にこの生命を使わせてもらおう。。。

 

***************************************

 

今年に入ってから、私の女性側は、水の中に沈んでるような静かな日々を送っています。

でも、先日、私のマスターOSHOに

「まあ、休むのもあと1ヶ月くらいにしなさい」って言われてしまいました。

 

ゆっくりゆっくりと冬眠から覚めるかな、、、

 

愛と瞑想のボディワーク、サイキックマッサージ

女性性男性性を観ていくエネルギーワーク、スターサファイア

セッション、オープンしています。

 

詳しくは  premmita.com    へ

コメントを残す