チャネリング?

今の私の内側のエネルギーの状態を、シェアしようかと思います。

サイキックマッサージやスターサファイアでやるセッション、って、内側では、こんな感じに展開していたりします。

頭が混乱するかしら?

興味のある方だけ読んでください。

友人にしてもらったリーディングからの、私の内側の流れです。

************************************

友人でアーティストのラーマが、チャネリングみたいのをするという、、

ふ~ん、、って思ってたんだけれど、

昨日、子供と家のことで、元夫と喧嘩になって、深いグループの後なので、ものすごく傷ついて、今日、瞑想に行った帰りに、また、facebookで上がってきていて、ふと、申し込みました。
(家の話とかしてなくて、ただ、5分メッセージをお願いしました)

読んで、号泣しました。。。

ラーマ、ありがとう

*********************************************

ちと長いラブレターみたいのが来たよ。

以下メッセージ
ミータ、ミータ、ミータ
あなたは本当に美しい人だ。(うっとり)
そのからだの大部分が釈迦の国に属している。
(ビジョン:霞がかった沢山蓮の世界の甘い霧雨のような存在をさして)
あたたのからだはそれなのだ。
そこに属しているので

肉体の世界で何があっても
ボロ屋でも、豪邸でも
あなたは、あなただ。
嵐でも天気でも……
それは決して変わらない。

あなたは全くもって、大丈夫だし
なんの心配もいらない。
時折、自分の中に雨を降らせても
なんの問題も無い。
そういう存在なのだ。
あなたがソレだからだ。

どこに行く必要もなく
何になる必要もなく
どこに行ってもソレだし
どこにも行かなくてもソレだ。

だからポイントはここにある。
あなたは、どこに行っても何になっても
ボロ屋に住んでも
豪邸に住んでも
ミータはミータだ
好きにしたらいい。なんの問題も無い。

以上、言わずもがな、和尚だね。
和尚はミータを大変愛してるようだ
うっとり

************************************

これをfacebookにアップしたんだけれど、

これを誤解して受け止めてる人が多かったので、、、

 

和尚とは、28年前に肉体を離れた、インド人の覚者Oshoのことです。

私は、その方の弟子(サニヤシン)です。

 

Oshoは、生前、私をチャネリングすることはできない、って言っていました。

確かに、彼は、覚醒してから、個としての人格が無い感じだったので

(ごめんなさい、私は覚醒してないので、そういう捉え方しかできません)

チャネリングできない、っていうの、すごくわかります。

 

私は、サイキックマッサージ&スターサファイアというセッションをやっています。

そこでクライアントさんがサ二ヤシン(Oshoの弟子)の場合、Oshoに尋ねる、というセッションが可能になります。

そこには、もちろん信頼と深い瞑想と愛のスペースが必要ですが。

 

それは、いわゆるチャネリングではなくて、

私たちの深い内側のスペースは、すべて繋がっているということ。

そして、そこにチューニングできれば、そこでその人にとっての真実に出会えるということ、、

 

 

私の内側の女性性は、今、ほんとに霧雨のようなエネルギーをしています。

(蓮の花ではないのですよ~。霧雨です、、、)

そしてそれは美しいかもしれませんが、あまりにもはかない。。

 

ずっと昔から、私は、身体にいない人、って言われてきました。

それは、決して誉め言葉ではありません。

グランディングできていないので、世の中で生きていくことが、とっても難しい、そんな状態。

 

でも、瞑想を続けてきて、やっと、少しづつグランディングできるようになってきた女性性。

私の男性性は、そんな霧のような女性性のために、自分を犠牲にして、生きていくこと、働くこと、お金を稼ぐこと、食べること、、というのをやり続けていました。

でも、この女性性のために働く、っていうことを、私の男性性は1,2年前に辞めました。

彼は今、自分のために生きようとしています。

 

 

9月に深い瞑想のリトリートに参加して、女性性は、ほんとに霧雨のように外側へと広がっていきました。リトリートの後、スターサファイアのグループ中に、自分の女性性を見たのですが、それは、人間の形もしておらず、美しいかもしれませんが、エネルギー体でしかありませんでした。

それを見た私の男性性は、大きすぎる、広がりすぎだ、と言いました。

彼はバランスをとるために、どんどんグランディングしようとしています。。。

 

そんな内側の状態のときに、外側で、元夫との喧嘩がありました。

彼は、私が、子供や家のことにきちんと向き合っていない、と責めました。

そして、確かにそれはほんとにそうだったので、私はひどく傷つきました。

 

そんな時にもらった、ラーマのメッセージ。

それを聞いた私の女性性は、泣いて泣いて、す~っと身体に戻ってきました。

Oshoの愛が、私をグランディングさせてくれました。

 

今、私の女性性のエネルギーを男性性から見ると、きちんとした等身大の人間に戻っています。というよりも、もうちょっと小さい女性に。

そして、そんな女性性を、男性性は好ましく思っています。

 

でも、この男性性にOshoは、言います。

彼女のために生きるのではなくて、自分に向き合い、自分のクリエイティビティを花開かせなさい!!

 

Yes, Osho、、、、

 

愛というのは、2本のしっかりとした柱がひとつの屋根を支えるように

内側の男性性と女性性が、しっかりと自立して、自分自身を愛することによって、

外側の世界でも、コントロールのない豊かな関係性を築いていけるんだと感じています。

 

瞑想っていうものは、どこかの不思議な世界に行くことではなくて、今ここの、ほんとにリアルなものに戻っていくことなんです。

そしてそこには、愛しかありません。。。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください